立体駐車場メーカーによる注意喚起

by:

立体駐車場自動車関連

立体駐車場は狭小な土地でも十分な駐車スペースを確保することができるため、平面駐車場と比較して便利ですが、特に機械式を採用している立体駐車場の場合には、そのしくみが複雑なため、それぞれのメーカーでも運用にあたっていくつかの注意事項を設定しています。立体駐車場のメーカー各社では工業会などの業界団体を組織しており、ここではさまざまなメーカーが持ち寄った資料をもとにして一般向けのチラシやパンフレットを作成して注意喚起を行っていますので、管理者になった場合には、これらを閲覧して注意事項を把握するとともに、一般の利用者向けにも現場で啓発に努めることが重要です。たとえば機械式の立体駐車場では、ドライバー以外の人が場内に立ち入ったり、喫煙をするなど火気を駐車場内に持ち込んだり、あるいは小さな子供などの同乗者をそのまま置いて車外に出たりすることは厳禁となっています。これはメーカーにしてみれば当たり前の原則ですが、実際の利用者はそこまで考えが及ばない場合も多く見られますので、機械を操作する担当者は常に確認をしておく必要があります。

また駐車場の所有者や管理責任者から適切な教育を受けた担当者以外にはみだりに操作させないことも重要で、特に一般客が勝手に手動運転モードに切り替えて機械を操作することは避けなければなりません。こうした安全上の注意事項は多々ありますので、折に触れて見返してみることも場合によっては必要です。立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です