自走式駐車場に駐車するメリット

by:

立体駐車場自動車関連

お出かけで車を利用した時、自走式駐車場に駐車することがあります。自走式駐車場とは、2階以上の建物で構成された駐車場で、侵入経路から自走で進み、地上階及び地下、2階以上の空中階の駐車スペースに車を駐車します。最近多いのが、青空駐車のコインパーキングです。出入り口に遮断機が付いており、チケットを取ることで遮断機が開き、精算と共に遮断機が開く仕組みや、駐車後に地面からロックが飛び出す仕組みなどがあります。

自走式駐車場のメリットは屋上階以外の駐車であれば雨に当たらないことです。また、鳥の糞や落下物を避けることもできます。デパートなどの地下にある駐車場や商業施設に併設された駐車場であれば傘を持たずにお買い物への移動が出来ます。とくに、お買い物の後であれば手荷物が多くなるため、傘をさすのが面倒です。

消防法により、火災の際に稼働する消防設備が設置されており、照明施設も完備してあることが多いので安心です。近年、駐車場での盗難や車へのいたずらが多いため、監視カメラの設置も行われています。駐車場では様々なトラブルがあり、コイン式パーキングの場合、小銭や千円札の持ち合わせがないと精算できないことがあります。青空駐車のコインパーキングの場合、無人精算機であることが多く、精算機の前に停車して千円札や小銭が無いと立ち往生です。

自走式立体駐車場の場合、有人監視が多く、無人の場合でも併設した施設の管理人が対処してくれることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です