自走式駐車場について知ろう

by:

立体駐車場自動車関連

スーパーマーケットなどの商業施設において欠かせないのが駐車場です。近年は駅から近いところに商業施設が建てられることが多くなりましたが、それでも家族で行く場合や大きな買い物を運ぶには便利ということで車で行く人が多くなっています。このため商業施設においては駐車場の建設は必須となります。駐車場の中でも最も一般的なのが自走式駐車場です。

これは駐車スペースが2階以上あり、機械ではなく自分で車を走らせて駐車させるものです。自走式駐車場には大きく分けて、2階建てタイプのもの、3階建て以上の複数階にわたるタイプのもの、ビルの地下に設けるものの3種類があります。2階建てタイプのものは小規模のスーパーマーケットなどにおいて見られ、複数階にわたるタイプのものは大型複合商業施設やマンションなどにおいて多く見られています。ビルの地下に設けるタイプのものは主にビジネス街にあるビルに見られています。

自走式駐車場の特徴としてまず挙げられるのが入出庫がしやすい点です。自走式駐車場は駐車場そのものが広いため出し入れがスムーズに行えることが大きな特徴と言えます。また雨を避けることが出来るのも大きな利点です。最上階以外のフロアでは屋根があるので、風雨にさらされることもありません。

さらにセキュリティー面においてもメリットを有します。多くの駐車場においては監視カメラが設置されており、また入口はゲートバーがありますので、不審車の走行を防止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です