利用しやすい自走式駐車場

数ある形態の中でも自走式駐車場は最も馴染み深いものです。機械式はスペースも少なく防犯性に優れていますが、運転に自信が無い人には不向きとなります。このためペーパードライバーも多い都心部では敬遠されがちな施設です。一方自分で運転して所定の場所に停車する方式ならば、自分のペースで動かすことができます。

ベテランドライバーでも不満を覚えるようなこともないためトラブル防止のためにも有益です。大掛かりな施設を整備する必要がないことも自走式駐車場の利点といえます。機械でリフトアップする施設の場合、定期的なメンテナンスが必要となります。さらに一部でも故障すれば駐車場全体が使えないこととなりかねません。

利便性とは裏腹にリスクとコストが嵩んでしまうのが機械式のデメリットです。それだけに手間をかけずに不動産を活かしたい人にとっては、自走式駐車場の方が適しています。考慮しなければならないのはスペースの確保です。車を動かして敷地内を移動することになりますから、自由に行き来できる道を空けておかなければなりません。

必然的に駐車スペースは限られてしまい狭い土地だと十分な活用ができなくなります。そのような場合には立体化することを検討しましょう。自走式駐車場を上に増やしていくことでより多くの車を収容できるようになります。建設の際には国交省が定める基準を満たしておくと、防火設備を削減することが可能です。

それを含めて専門の施工店と打ち合わせを重ねておくことが最終的な成功に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です