駐車場を建設するなら自走式駐車場

by:

自動車関連自走式立体駐車場

駐車場を建設する場合には、平型の屋外駐車場を導入するのも良いですが、一度にある程度の台数の車を収容でき広々とした駐車スペースを確保できる自走式駐車場の建設を考えるのも良いでしょう。自走式ならば車が走行して入っていくことができるので、それぞれのパーソナルスペースまで自力移動することが出来ます。機械式の場合にはいちいち駐車場の誘導員に機器の操作を依頼する必要がありましたが、自走式の場合には無駄な人件費をかけずに運営することが出来ます。エレベーターを設置しておけば駐車した後もらくらく利用者が建物の外に出られるので、利用者に対する気配りもできます。

自走式駐車場の他のメリットとして防犯性の高さにあります。車を出す際には必ず駐車場内を通らなくてはいけないので、各所に防犯カメラを設置しておくことで万が一の事件があった時にも犯人を特定しやすくなります。自走式駐車場では利用者以外の人間が入ってきた場合には違和感があるので、侵入者そのものを寄せ付けないというメリットも存在します。一方で極端な大型車やトラックは駐めておくことはできず、重量制限があるので車体重量が重すぎる場合には上層階に駐車できませんが、乗用車やワゴン車程度の大きさならばそもそも制限に引っかかる事がないので、一般的に使用されている車ならば問題なく駐められます。

土地活用の際や既存の商業施設の駐車場を拡大するならぜひ自走式駐車場を建設して駐車台数を増やしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です