自走式駐車場にはどのようなものがあるか

by:

立体駐車場自動車関連

自走式駐車場としてはフラット式と呼ばれるタイプのものが一般的であり、単純な構造になります。平面駐車場が各階層にあり、それに移動するためのスロープが組み合わさったものなので使いやすさに優れています。しかし、スロープの距離が短いと急勾配になってしまうため、緩やかにするための距離が必要になります。そのため狭すぎる土地では利用が難しくなります。

また、平面駐車場と同様に駐車スペースまで運転するため、通路が狭すぎると接触事故が起きやすくなることの考慮が必要です。スキップ式と呼ばれるタイプはフラット式の欠点を改善した自走式駐車場になります。これも平面駐車場とスロープを組み合わせた構造になっていますが、階層は1階ずつ上がるのではなく半階層ずつ組み合わさった構造になります。これにより階層を移動する際に必要となる高さが半分になるためスロープの勾配を緩やかにするための距離も短くて済むため、狭い土地でも設置しやすくなります。

連続傾床式と呼ばれるタイプもあり、これは駐車効率を優先した自走式駐車場です。前述した2つのタイプとは異なり、駐車スペースとスロープが一体化した構造になっているので、スロープ用のスペースが不要になります。駐車効率が高い反面、全体に傾斜のあるらせん状の構造になっているため、駐車が難しくなってしまう欠点があります。車椅子の利用者も傾斜のある床は使いにくいため、不特定多数が利用する施設では設置しない方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です