自立立体駐車場について

by:

自動車関連自走式立体駐車場

自立立体駐車場は人口が多い場所に多く存在しています。車を持っている企業や個人が多い現在座は、合法的に駐車しておくスペースの確保が必須です。都心ではスペースなどの問題から、平面の駐車場ではなく立体的な駐車場も多いです。こちらは同じ空間であっても、収容できる車の台数が大きく異なってきます。

立体駐車場は、大きく分けると自立立体駐車場と、機械式立体駐車場に分かれます。自立立体駐車場とは、機械を使わず、駐車場の中を走って入庫や出庫をするタイプのものです。自立立体駐車場は3つのタイプに分類できます。フラット式はフラットな駐車スペースをスロープでつないだ形です。

床がフラットなので、子供や高齢の方、障害のある方にも優れた構造をしています。スキップ式は段違いの状態のフラットなスペースをスロープで繋げた構造です。スロープの部分が短いので、運転が苦手な方も走りやすい仕組みになっています。連続傾床式は螺旋状のスロープに面する形で駐車スペースを設けています。

これは専用のスロープが不要なので、スペースの効率がとても向上する特徴を持っています。平面駐車場と立体駐車場の違いは、フラット土地かどうかです。平面駐車場の方は、建設にかかるコストが低く、維持費用も安く済むことがメリットです。この点については、立体駐車場と異なっています。

立体駐車場の場合、規模の大きな昇降設備を用意しなくてはいけないため、初期費用が大きくなってしまうことが多いです。しかし自立立体駐車場の場合は、車を格納するスペースを設置するだけでいいため、コストを安く抑えるためによく用いられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です