さまざまな種類がある立体駐車場

by:

立体駐車場自動車関連

立体駐車場とは、建築物や機械装置によって駐車場を多層化・立体化した駐車場のことで、限られたスペースでも多くの車を収容できるというメリットがあります。立体駐車場は大きく分けて「機械式立体駐車場」と「自走式立体駐車場」の2種類に分類され、さらに機械式は「タワー式」「ピット式」「パズル式」に分けることができます。タワー式は、タワーの中で車両を乗せた搬器が循環移動している駐車場のことで、主に繁華街などの密集地やホテルなどの施設で採用されています。エレベーターに似た装置を使用することからエレベーター式とも呼ばれています。

ピット式は、地下を含めた上下に2~4台が停められる駐車場を指します。上段の車しか動かすことができず、地下の車は操作盤の駐車番号を押すことで地上に出すことができます。パズル式は、操作盤の駐車番号で搬器を上下左右パズルのように動かして目的の車を出すタイプの駐車場です。車の出し入れができるスペースは1台分ですが、パズルのように動かすことで効率的に車を格納できることが特徴となっています。

一方の自走式立体駐車場は、運転者が目的階まで車を運転して駐車するタイプの駐車場です。ある程度の駐車台数を確保するにはそれに見合う大きな土地が必要となりますが、ショッピングモールやスーパーマーケットなど集客用の駐車場として最適です。入出庫の操作による待ち時間が少ないことや機械式に比べて自動車の出し入れが容易なことが特徴で、階層を増やすことで収容率を上げて敷地を有効に活用することができます。立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です