立体駐車場を導入するには

by:

立体駐車場自動車関連

立体駐車場には自走式と機械式の2種類があり、機械式にはさらにタワー式と二段・多段式の2種類が存在します。最適なタイプの立体駐車場を導入するには、それぞれの違いやメリットを正確に把握することが大切です。自走式はドライバーがスロープを使って自ら目的階まで自動車を走らせるタイプで、主にショッピングモールなどの大型施設で採用されています。このタイプは入出庫を容易に行うことができるだけでなく、操作による待ち時間が少ないというメリットがあります。

また屋上部分を除いて直射日光や雨風から自動車を保護することができ、平面の駐車場と比べて収容率が優れています。自走式の立体駐車場は法律で外壁の開口率を一定以上に取るように定められており、開放性が高いため津波などの被害を受けにくいというメリットもあります。階層を増やせば収容率を高めることができるので、限られた敷地を有効に活用することが可能です。ある程度の面積を確保でき、より多くの車両を収納する駐車場を導入したいのであればこのタイプを選ぶとよいでしょう。

機械式にはタワー式と二段・多段式の2種類があり、駐車装置に車両を載せて運搬や入出庫を行います。収納方式によっては台数を増やすことが可能で、小規模な敷地や副夏な地形の敷地にも柔軟に対応できます。他の車両を気にすることなく駐車できる他、セキュリティ性が優れているというメリットもあります。狭い土地を最大限に活用して立体駐車場を導入したいのであれば、このタイプを選ぶのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です