立体駐車場の特徴と導入することで得られるメリット

by:

立体駐車場自動車関連

駐車場の中でも、立体的に作られている構造のものを立体駐車場と呼びます。一般的によく見られるものと違って様々なメリットを持っていることから、各地でも導入が進んでいるタイプです。主な外観上の違いは、鉄骨などを使って上に向かって伸びていることです。街中などでよく見かける駐車場は、地面をなだらかに舗装して白線を引いたものです。

その上に1台だけ車を止めることができます。一方の立体駐車場では、鉄骨などで階層状に作られているのが主な特徴です。いわば私達の住んでいる住宅の二階建てや三階建てと同じようなもので、それぞれに車を止めることができることから同じスペースでもたくさん駐車することができるというメリットを持っています。このため立体駐車場は、土地面積に限りのある都市部で主に導入されています。

立体的に駐車場を積み重ねることで、本来であれば1台しか車を置くことができないようなスペースでも複数の車を置けるようになり、結果として駐車料の収入も増やすことができるからです。これは貸し駐車場に限ったことではありません。個人の住宅でも立体駐車場を導入すれば、限られたスペースに車を何台でも置くことができます。上の構造が屋根となるため下に停められている車に雨が降りかかることはなく、屋根付きの駐車場として機能するのも魅力と言えるでしょう。

エレベーターなどの複雑な構造を設置しなくてはならないため、コスト面では多少高くなるのが難点です。とはいえ複数の車を置くことができるというメリットは何事にも代えがたく、検討する価値は大いにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です